ウィークリーマンション・マンスリーマンション基礎用語

ウィークリーマンション情報NAVI

ウィークリーマンション情報NAVI トップ > ウィークリーマンション基礎用語

ウィークリーマンション・マンスリーマンション基礎用語

知っておくと便利なウィークリーマンション・マンスリーマンションの基礎用語を以下の通り取りまとめさせて頂きましたので、ご活用下さい。

インターネット対応 インターネット対応とは、ノートパソコンを持っている人用に「インターネットに接続できる環境が整っている」ということを指す場合が多い。パソコンが設置されているケースはかなり少ない。
ウィークリーマンション ウィークリーマンションとは「7日間以上から日割りで利用できる家具などが付いた部屋」を指すことが大半。
クリーニング費 入居者が退去した後、専門の清掃業者に清掃を委託する費用。ほとんどのウィークリーマンション・マンスリーマンションの退去費用が、クリーニング費用のみの場合がほとんど。期間に関係なく一律同料金のタイプと期間に応じて料金が変わるタイプもある。
ゲストハウス ウィークリーマンション・マンスリーマンションとの違いは、室内の家具や備品等が少なくキッチンやバストイレが共同となる。部屋は狭いが、その分家賃も安くなっている。外国人の利用者が多い。
最低契約日数 最低限契約が必要な日数。最低契約日数が7日なら、7日以上の契約が必要となる。
水道光熱費 実費ではなく固定料金の場合が多い。固定料金分より多く使っても請求されないが、あまりに悪質な使い方をした場合は、超過料金を請求される場合もあるので注意が必要です。
サービスアパートメント 高級家具や設備のついた高級ホテルタイプのウィークリーマンション・マンスリーマンション。コンシェルジュサービスのついたタイプもある。
スターターキット 基本的な家具以外に石鹸類やシャンプーなどといった入居後に必要な細かな備品をセットしたもの。オプションで購入する場合が多い。
長期割引 契約した期間の長さによって、賃料の割引が得られるというもの。長期になればなるほど安くなるが、契約期間の途中で退室した場合は、違約金をとられてしまうので、契約前に確認をした方が良い。
賃料 家賃のこと。実際には光熱費も必ず毎日一定額はかかるので、賃料に光熱費を加算したものが一日あたりにかかる費用といえる。中には、賃料に光熱費や清掃費が含まれている場合もある。
定期借家契約 契約で定めた期間の満了により、契約は更新されることなく借家契約が終了される。期間を延長する場合は、再契約が必要となる。
保証金 賃料の1ヵ月分または入居時に預ける費用のこと。原則退去時に戻ってくるものと考えて良いが、清掃代を保証金から精算する管理会社もあるので事前確認しておく方が良い。
マンスリーマンション マンスリーマンションとは「1ヶ月以上から日割りで利用できる家具などが付いた部屋」を指すことが大半。
リネン交換代 入居時に備え付けてあったリネンを交換するのにかかる費用のこと。
ルームシェア 一つの部屋を複数人で共同利用するもの。プライバシーの確保は難しいが、その分賃料はかなり安くなっている。
連帯保証人 契約者が債務不履行などを起こした場合に、その損害に対し契約者と同等の責任を持つ人のこと。連帯保証人が必要かどうかは管理会社によってまちまちで、外国人入居者の多い、ゲストハウスなどでは連帯保証人が必要のないケースが多い。